水槽用フィルター

【かんたん】ろ過不足も大丈夫!水槽フィルターで熱帯魚を楽しく飼育しよう!

ゆき
ゆき
水槽のフィルターは、熱帯魚の飼育に欠かせないものです。でもそんなフィルターには、たくさんの種類があることを知っていましたか?

たくさんのフィルターを見比べることでもっとアクアリウムを楽しめるようになります。

私がそれぞれのフィルターの特徴をまとめたので、ぜひ読んでみてくださいね。

熱帯魚を飼育するとき、フィルターの設置は必ず行っておきましょう。

フィルターがなければ水槽の水質はどんどん悪化し、最悪の場合は熱帯魚が全滅してしまいます。

でも、初心者さんにとってフィルター選びは本当に難しいですよね。

色んな種類のフィルターがあるうえに、自分の熱帯魚との相性もあるんです。

そこで、今回は私がみなさんの代わりにおすすめフィルターを選んでみました!

今フィルターに困っている方は、ぜひ参考にしてください!

かんたんな水槽用フィルターでろ過不足を解決できる?

ろ過不足でもフィルターに気をつければ熱帯魚をそだてることができます。
ろ過不足の原因やトラブルの例を知っておくと熱帯魚をそだてる時に役立ちますよ。

ろ過不足が起こる原因

ろ過不足が起こる原因は水槽フィルターです。ろ過不足の場合、水槽フィルターがよごれていたり詰まっている可能性があります。

たとえばエアコンのフィルターでもおなじです。フィルターがよごれていると正常にうごかないことがありますよね。

水槽フィルターもおなじです。フィルターが詰まったりしないためにそうじが必要です。定期的にそうじをするとろ過不足をふせぐことができます。

ろ過不足が起きる原因はバイオろ過の可能性もあります。バイオろ過ではバクテリアによって水をきれいにしてくれます。なのでバクテリアがすくないとバイオろ過がうまくいきません。

ろ過不足になったらフィルターのそうじとバクテリアに注意をしましょう。

ろ過不足で発生するトラブル

ろ過不足が発生すると、熱帯魚の体調にかかわります。たとえば熱帯魚はろ過不足になると、動かなくなったりエサを食べなくなることがあります。そだてている熱帯魚を観察してトラブルをふせぎましょう。

そのほかにも水のなかに酸素を送っていないと、熱帯魚は酸素不足になります。熱帯魚が水面で口をパクパクさせていたら酸素不足のサインです。

酸素不足はろ過不足とおなじくトラブルの元です。水のなかの環境を整えて熱帯魚を守りましょう。

水槽全体をしっかりろ過できる!上部フィルター

熱帯魚の飼育初心者におすすめです。
水槽とセットで売られていて手に入りやすい!

外部フィルターは水槽の上面を覆うように取り付けます。
上部フィルターは大きさが全フィルターの中で最も大きく、ろ過能力が最も強力です。

しかもろ過能力が高くコスパがいいのが特徴です。

上部フィルターは上から下に水をポンプでひきあげるので、大型の熱帯魚を飼う人にもおすすめです。
特に古代魚や金魚の過密飼育を好む方におすすめです。

これらの魚はとても水を汚すので、普通のフィルターだと1週間もしないうちにフィルターが真っ黒になってろ過機能が死んでしまいます。

そんな時でも上部フィルターなら、その大きさを活かしてごみを分散できるし、何よりろ材がたくさん入るので水質管理能力がばっちりです。

たくさん入ったろ材にはバクテリアがたくさん付着できるので、フィルター内にたまった有害物質を分解してくれるだけでなく、水槽内へ侵入して水槽内の水も直接きれいにしてくれます。

水槽の水質管理を考えるなら、上部フィルターをおすすめします。

安定した水質管理ができる!外部フィルター

水槽のレイアウトをおしゃれに見せたい人におすすめです。
外部フィルターを使うと水槽の上があきスッキリみせることができる!

外部フィルターとは、小さな箱に詰まったろ材を通して水をろ過する装置のことです。

水槽とこの箱はホースでつながれているため、スムーズに循環させることができます。

密閉された作りなので音も静かです。外部フィルターは酸素量も十分なので水草水槽におすすめです。

外部フィルターの良いところは、水の量を大幅に増やすことができるということです。

一般的に水槽の水の量は多ければ多いほど水質が変わりにくく、管理しやすくなります。

外部フィルターはフィルター箱とホースの体積分の水量を増やすことができるため、水槽内の循環水量も増えて、結果水質が変化しにくくなるというメリットがあります。

その代わり、水槽の横にフィルターを設置する必要があるのでその分スペースが必要ですし、水槽インテリアとしての外観も損なわれます。

まさに機能面に特化したフィルターと言えるので、おしゃれを楽しみたい方というよりは、熱帯魚飼育を楽しみたい方向けのフィルターと言えるでしょう。

設置が一番かんたん!外掛けフィルター

ちいさな熱帯魚をそだてる人におすすめ!
外掛けフィルターはろ過能力がよわいくて魚への負担が少ない!

外掛けフィルターは小型水槽向けのフィルターです。

水槽の端にひっかけるだけでフィルターの設置が終わるので、機械が苦手な方でも簡単に操作することができます。外掛けフィルターは小さめで、フィルターはかなりシンプルな作りです。

そのため、ろ過機能としては全フィルターの中でも弱い部類で、大きな水槽のろ過や水を汚すタイプの熱帯魚・古代魚との相性は悪いです

ろ過材は定期的に変えるのがいいでしょう。

外掛けフィルターは手入れが楽で値段も安いです。そのため初心者でも扱いやすいフィルターです。

水が落ちる音が気になる人は水中モーターがおすすめです。

インテリア水槽での簡単なろ過だったり、ネオンテトラのような小さな熱帯魚が数匹しか入っていない簡単な水槽のろ過は外掛けフィルターで十分です。

外掛けフィルターは水槽の外観を損なわず、水槽に引っかかっていてもすごく自然な印象を与えます。

そのため、オフィスや玄関に水槽を置いておしゃれなイメージを演出したいという方は、多少ろ過機能が劣っていても外掛けフィルターを付けることによって最低限の水質管理をすることでアクアリウムを楽しむことができます。

フィルター交換の期間は短めになりますが、全体的なコストも安く、初心者さんにもおすすめのフィルターです。

id=”teimen”>ペットショップで人気!コスパ最強の底面フィルター

熱帯魚やエビなど底面で過ごす生き物をそだてる人におすすめ!
底面フィルターはバクテリアがつきやすく、バイオろ過に最適!

底面フィルターは意外にも、個人飼育ではあまり見かけないかもしれません。

底面フィルターというのは、上の写真のようにフィルターが水槽の底砂利の下へ埋められ、そこから水を吸い上げて上へ持ち上げて排水するというものです。

小型の底面フィルターは値段が安く500円で買える商品もあります。優れた性能の商品が多く、コスパがいいです。

値段が安くろ過能力が高いフィルターをえらびたい人は底面フィルターがおすすめです。

底面フィルターはフィルター部分が水槽内の、しかも底面全体を使えるので見た目以上に表面積の大きなろ過を行うことができます。

さらに底面フィルターは排水するときに空気を一緒に巻き込んで排水するため、出てくる水は多くの泡を含みます。これによってエアレーションを設置する必要がなくなり、水槽管理では一石二鳥の役割を担います。

ペットショップの水槽ではよく底面フィルターが用いられており、その理由は簡易的で効果の高いフィルターだからとみんな言っています。

底面部分は薄いですがろ過機能も抜群で、さらに底面部分にバクテリアが大量に付着できるのでバクテリアによる有害物質分解もかなり効果が高まります。

個人的には、水面が低いと排水の時の見た目があんまりよくないですが、排水口よりも水面を高くすることで泡が水面に向かって上がってくる様子を演出することができます。

このようにすれば見た目も良く、まわりのデザインを工夫すればむしろおしゃれに見えるんです。

底面フィルターは簡易的であまりお金をかけたくない人のフィルターだと言われていますが、機能面もデザインも優れたフィルターです!

投げ込み式フィルター

金魚やちいさな熱帯魚をそだてる人におすすめ!

投げ込み式フィルターはろ過能力がとくべつ高いわけではありません。

おおきな熱帯魚よりはちいさな熱帯魚や金魚に適しています。

投げ込み式フィルターは値段が安く設置もかんたんです。

手軽に使えるので初心者にもおすすめのフィルターです。

スポンジフィルター

スポンジフィルターは金魚や熱帯魚をそだてる人におすすめです。なぜならエアレーションとしても使えてそうじも簡単だからです。定期的にそうじをすれば安いスポンジフィルターでも十分に使えます。スポンジ部分にバクテリアがつきやすいため、バイオろ過にも最適です。

流動式フィルター

流動式フィルターは淡水エビをそだてる人におすすめです。流動式フィルターはろ材が流動式のフィルターです。流動式だとバクテリアがふえやすくなり、アンモニアを分解してくれます。そのためアンモニアが苦手な淡水エビにおすすめのフィルターなのです。

オーバーフローフィルター

大型の水槽で熱帯魚をそだてる人におすすめ!

なぜならオーバーフローフィルターはろ過能力がかなり高いからです。

大きな熱帯魚や複数の熱帯魚をそだてるならろ過能力の高いフィルターがおすすめです。値段は高めですが、効果に期待できます。

水槽のろ過不足が気になる時の解決法

水槽のろ過不足の解決法はフィルターを変えることです。

バクテリア剤を入れるのもおすすめです。

解決法のくわしい方法を解説します。

水槽のフィルターを変える

ろ過不足を改善するにはフィルターを変えるのがおすすめです。

なぜなら新しいフィルターに変えることでろ過能力があがるからです。

フィルターを変える目安は半年に1回です。
ろ材のそうじは定期的にするといいでしょう。

バクテリア剤を投入する

バクテリア剤を入れるとバイオろ過ができます。バクテリアは水をろ過するためにかかせません。

通常、バクテリアはフィルターにつくことが多いです。

フィルターをそうじするときはバクテリアを死なせないために水道水を使うことはやめましょう。

水槽のろ過不足まとめ

この記事のまとめ

✔️初心者が使うなら外掛けフィルタースポンジフィルター
✔️ちいさな熱帯魚をそだてるなら投げ込み式フィルター
✔️おおきな熱帯魚をそだてるならオーバーフローフィルター
✔️底面で過ごす生き物をそだてるなら底面フィルター
✔️淡水エビをそだてるなら流動式フィルター

以上、おすすめの水槽フィルターについて解説しました。育てる生物でおすすめの水槽フィルターはちがいます。おすすめの水槽フィルターで熱帯魚を楽しくそだてましょう。

今人気の水槽用フィルターをまとめました!コスパの良い商品を探してみてね!
フィルターまとめを読む
今人気の水槽用フィルターをまとめました!コスパの良い商品を探してみてね!
フィルターまとめを読む