金魚

金魚すくいの金魚を長生きさせるには?寿命は15年!飼育方法を紹介!

金魚すくいで取った金魚はすぐ死ぬからダメ

お母さんにこうやって怒られたことはありませんか?

夏祭りの楽しみに欠かせない金魚すくい。
それを、うまく育てられないって理由でつぶすのはもったいないですよね。

ここでは金魚すくいで取った金魚の上手な育て方を紹介します。

この記事でわかること
  • 取った金魚を水槽へ移すときの注意点
  • 金魚を長生きさせる方法
  • 金魚すくいの金魚がすぐに死ぬ理由

金魚すくいで取った金魚の寿命

実は金魚の寿命は15年もあります。

少なくとも10年は生きる魚として知られており、ギネス記録は43歳です。

ギネスの金魚のサイズはなんと47.7cm!

足2つ分の大きさです!

普通の金魚でも30cmは超えると言われており、実際に私も金魚すくいの金魚からそれくらいに育てたことがあります。

しかし、家庭飼育での平均寿命はわずか1か月。
金魚すくいで取った金魚を正しく飼育できる人はほとんどおらず、9割は1週間以内の死亡だそうです。

これほど長生きできる金魚が即死してしまうのはおかしいですよね。
次は、金魚本来の生命力を取り戻す飼育法を紹介します。

金魚すくいで取った金魚の長生きする育て方のポイント

金魚は本来丈夫な魚ですが、金魚すくいで取った金魚は瀕死状態だと考えてください。

この金魚を飼育するには、まず体力を回復させる必要があります
ギリギリまで弱らせてゲットしたポケモンを、ポケモンセンターで回復させるような感じです。

一度回復できれば、あとの飼育はとても楽なので最初の1週間は頑張りましょう。

水槽へ移すときのコツ

金魚すくいで取った金魚を扱うのに最も注意する段階です。
水槽に移す前にまずは以下の準備をします。

金魚を水槽へ移す手順
  1. 水槽(なんでもok)にカルキを抜いた水を入れる
  2. 水1Lに対して5gの塩を入れる
  3. 金魚の袋を水槽へ浮かべる
  4. 2時間かけて水合わせ
  5. 水槽へ金魚を入れる

①水槽にカルキを抜いた水を入れる

カルキ抜きの3つの方法!水槽環境を整える大事なやり方とは?」でも書いたようにカルキ抜きをした水を水槽へ入れます。

水槽はなんでもOK
バケツでも洗面器でも、好きなものを使ってくださいね。

この時に入れた水の量をだいたい把握しておきます。

おすすめは30cm水槽。
最もお手軽に飼育できる水槽のサイズです。

②水1Lに対して5gの塩を入れる

①でいれた水の量に対して食塩水を作ります。
塩は天然のものを使います。

塩の量=水の量(L)x 5g

1L=1000ml
500ml=0.5L
塩一つまみは0.5gくらい

弱っている金魚には0.5%塩水が効果的です。

ちなみに水の量は、水槽の3つの辺のcmをかけます。
そこから砂の量などをひいて求めます。

③金魚の袋を水槽へ浮かべる

次に、金魚の入った袋をそのまま水槽へ浮かべます。
この時、袋の口から水槽の水が入らないように注意してください

この時エアレーション(空気ポンプ)などは持っていれば袋の中に入れてあげてください。
金魚に泡が当たるとストレスになるので、隅の方にこっそり置くように心がけましょう。

④2時間かけて水合わせ

次は「水合わせのやり方はそれで大丈夫?最も効果的な4つの方法!」で書いたように水合わせします。

水合わせの手順は以下の通りです。

絶対に守ってほしい水合わせの手順
  1. 袋の中の水を1/4捨てる
  2. 水槽の水を捨てた分の量入れる(10分くらいかけて少しずつ)
  3. 30分放置
  4. ①~③の手順を3回繰りかえす

弱った金魚は水質の変化ですぐに死んでしまいます。
水槽の水を入れるときも、ゆっくり少しずつ入れてください。

水合わせのやり方はそれで大丈夫?最も効果的な4つの方法!」では1/3の水替えを推奨しましたが、ここでは弱った金魚に配慮して1/4の水替えが理想です。

⑤水槽へ金魚を入れる

ここまで出来たら、金魚だけを水槽へ入れます。
袋の中の水は絶対に水槽へ入れてはいけません。

金魚すくいの環境は劣悪で、病原菌がたくさんいる可能性が高いです。
それらを水槽へ入れるとたちまち増殖して金魚を殺してしまいます。

ここまで来るのに死んでしまう金魚も中にはいます。
逆に、ここまでの手順を乗り越えた金魚なら今後も長く飼育できる可能性があります。

金魚すくいで取ってから1週間以内の飼育方法

おうちにやってきた金魚は、そこから1週間が山場です。

先ほど紹介した手順で金魚を水槽に移しても、もともと弱りすぎていたら手の施しようがありません。

この1週間はなるべくエサは与えずに、3日に1回、水槽の5分の1を水換えしてあげましょう。

この時の水も0.5%食塩水にします。

1週間をすぎたら水換えのペースを週1回に減らし、替える水は普通の水でいいです。
1ヶ月経ったら通常の水換え頻度(2週間に1回)へシフトしましょう。

1ヶ月生きていればあとは心配ありません。

金魚が長生きする育て方

金魚を何年も育てるには特別なコツは必要ありません。

ただ、金魚が長く生きている家庭には共通している飼育方法があります。

一番大切なルールはエサを与えすぎないことです。

金魚が長生きする家庭では、金魚にそこまで世話を焼かないケースが多いです。
逆に金魚を可愛がりすぎて、あれもこれも尽くしているとすぐに死んでしまいます。

金魚はもともとエサが無い状況でも生きていけるだけの生命力がある魚なので、エサは本当に少しだけで良いんです。

たくさんあげれば食べますが、体には良くないし水にも良くないんです。

金魚がよくかかる病気

金魚は正しく育てていても病気になることがあります。

ここでは良くある病気をまとめます。

転覆病

転覆病は、金魚が水面にぷかぷか浮いてしまう病気です。

これはエサの質が悪いときにおこりやすいです。

対処法は、絶食、塩浴、水温を上げることです。

目標は水温28度、0.5%食塩水です。
水槽用ヒーターを使えばカンタンに水温を調節できます。

一気に水質を変えると金魚の負担になるので、水温は一日2度上げるくらいにしておきましょう。

転覆病予防にはエサの量を減らすことが効果的です。

特に冬場はエサを食べにくいため、エサの量を減らして5分で食べきれる量を1日1回与えます。
このペースならエサが少なくて死ぬことはまずないので大丈夫です。

あとは水槽用ヒーターで水温が下がらないように調節しておくのも大切なポイントです。

尾腐れ病

金魚の尾腐れ病
金魚の尾腐れ病はしっぽがだんだん腐ってきて、最終的に体中がバイ菌にやられてしまう病気です。
我が家はちょっと家を空けたときにかかってしまいました…

原因は水質悪化

水替えをサボっているとバイ菌が発生して金魚がやられます。
写真の金魚は末期でどうしようもありませんでした。

特徴は、金魚のしっぽが白くなってもやもやすること。
これは水槽の金魚全員に広がるので1匹なっていたら他の金魚もかかっていると考えます。

金魚の尾腐れ病は初期ならグリーンFゴールド顆粒というお薬を使って治療することができます。

かなり強めのお薬なので、金魚の元気がないと思った時には金魚の天然珠塩で塩浴させてから治療しましょう。

予防は水替えをしっかりすること。
水質悪化は本当に怖いです。

金魚すくいの金魚を長く育てるために

いかがでしたか?

金魚はもともと強い生き物ですが、価格の安さ、お手頃さからつい乱暴に扱われてしまいます。
その結果、疲労困憊ですぐに死んでしまうんです。

正しく飼育したらきっと長年寄り添ってくれる可愛い家族の一員になりますよ♪

ABOUT ME
yuki
yuki
アクアリウム歴3年。ネオンテトラの群れの美しさに心を惹かれて、熱帯魚飼育を志す。
Amazonを月1回以上使うなら、プライム会員にならないと損してます。配送料・翌日配送・プライムビデオなどが全て無料になります。
無料体験も30日間できるので、まだ使っていない人は今すぐチェックしましょう。
詳細ページAmazonで探す

Amazonでは、ギフト券を使って買い物すると数%のキャッシュバックがあります。Amazonで買い物するなら、ギフト券を使った方が安くなります。
Amazonで探す

今人気の水槽用フィルターをまとめました!コスパの良い商品を探してみてね!
フィルターまとめを読む
今人気の水槽用フィルターをまとめました!コスパの良い商品を探してみてね!
フィルターまとめを読む